FC2ブログ

    25時の日記 Part2

    町でいちばんの美女

    普段読書するとき、淡々と無感情に読み進める。めったに感情移入はしない。
    久しぶりに再読したチャールズ・ ブコウスキーの表題作『町でいちばんの美女』。
    前も同じようにツッコミを入れたのを思い出した。
    「なんとかなっただろう」
    男に対して、女に対して。
    いや、なんとかならなかったんだろうね。

    繊細で弱い女かというと、案外したたかな面を持っている。
    喉を切った傷跡を見ると男は逃げていくから、先にお金をもらう。
    妙な箇所に感興を催すのはなんでだろう。自分が年を重ねて神経が図太くなったから? 

    10分もあれば読める短篇。でも、さらっと読み流せないのは登場人物のもろさに心を奪われてるから。
    文中から外れたところで多くの人(読者)を魅するほどにキャスはいい女なんだな。
    1. 2019/07/10(水) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    https://katsuragi3.blog.fc2.com/tb.php/1372-a2341208
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)