FC2ブログ

    25時の日記 Part2

    ボビー・ウーマック

    昨年ラストソウルマンことボビー・ウーマックが他界し、この世にソウル・シンガーは存在しない。というと語弊はあるが、ウーマック以降のソウルは聴かないし、いまの音楽シーンに疎いので、自分にとって彼が最後のソウルシンガー。
    傑作アルバムが多く、60~80年代のどれを聴いてもはずれはない。
    厳選するなら、このあたりは押さえておくべき。
    Fry To Me To The Moon
    My Prescription
    Lookin' for a Love Again
    Poet1

    代表曲ではないが、黒っぽさを感じ取れる一曲がこれ。
    『I Left My Heart In San Francisco』
    俺の魂(心)はシスコにおいてきたぜ。
    ワールドカップの代表メンバーからはずされたカズが同じようなことをいってた。
    「日本代表としての誇り、魂みたいなものは向こうに置いてきた」
    ソウルを感じさせる一言だ。




    1. 2015/03/09(月) |
    2. エンタメ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    https://katsuragi3.blog.fc2.com/tb.php/1216-272cffe0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad