25時の日記 Part2

    WBC日本代表

    投手陣について触れる。

    ダルビッシュ、マー君、岩隈、前健の先発4枚に抑え上原がいれば間違いなく優勝候補。
    これらメジャー組がいない上に大谷不在。

    現状エースが菅野。続いて則本、石川、武田。
    抑えは平野、松井か。なんか危なっかしい。
    千賀のフォークは1イニング限定なら武器になるかもしれないので、切り札になりうる。

    06年09年のときより、世界のレベルは上がってる。かつては楽勝できたメキシコ、オランダあたりに勝てると断言できない。
    ベストメンバーといえない投手陣で日本が世界一になったらたいしたもんだ。


    1. 2017/03/03(金) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    余剰戦力

    巨人の大型補強は目に余るものがある。
    なんでもかんでも獲ればいいってもんじゃない。

    左のワンポイントで使える森福以外は反対。
    センターで固定できるは陽岱鋼は当然戦力になる。ただね、ギャレット、長野、亀井、橋本、立岡、重信、松本。現有戦力でやりくりできるでしょ。大田を放出するところをみると選手を育てる気がないようだ。

    ベイスターズから獲った山口はそこそこ活躍すると思う。でも、数字は他の選手で十分カバーできる。
    菅野、マイコラス、田口、大竹、内海、吉川(トレード)、高木。故障明けの杉内、桜井もいる。

    外国人マギー獲得もよくわからん。
    サードの村田が調子を落とせばマギーの出番。ちょっと待てよ。それなら岡本だろう。

    1. 2017/01/20(金) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ゴッドファーザー

    1から3まで続けて鑑賞。名画は何度観ても面白い。
    ドンはやはりマーロン・ブロンドだわ。三男マイケル(アル・パチーノ)の冷徹さは目を引くが、先代ほどの貫禄がなく、包容力に欠け、ファミリーの絆に温かみが感じられない。とはいえ、二代目になってからの鋭い眼光とあくの強い演技は見る者を圧倒する。

    Part3は無理やり製作した完結編との印象を受ける。見て損はないが、マイケルの老後は痛々しいばかり。美しくも非情な姿のまま終えたほうがよかったように思う。
    1. 2017/01/04(水) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    賀正

    明けましておめでとうございます

    1. 2017/01/01(日) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    プリメインアンプ

    自宅のオーディオアンプをアナログに戻した。しばらくデジタルアンプを使っていた。パワーがあって、節電になって、再生音はくっきりしていて、いろいろいいところはあった。
    反面、音に艶がなく、あたたかみにかけ、つまらなくなった。パナソニックXR55に多くを望むのは酷ってもんだ。いずれAVで使うかもしれないから処分しない。
    フォノイコライザーが優秀なOnkyo A-917をREC OUTでそのまま使用し、メインアンプはTechnics SU-A808。
    久しぶりに聴いたが、安物の割りに鳴りっぷりが良くて驚いた。
    アンプとスピーカーをテクニクス同士にすると、中音が活き活きする。加えて高音の切れ込み、低音の締り、とワンランク上の音。製品化の際、チューニングに使用しているだろうから相性がいいに決まってる。
    1. 2016/12/08(木) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    チャーミー・マジカ

    マジカの洗浄力はすごい。水でさっとやるだけでキレイにベタベタの油が取れる。
    これ使ったら他社の食器用洗剤は使えない。
    騙されたと思って試してみて。

    http://magica.lion.co.jp
    1. 2016/09/18(日) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    都知事選

    大方の予想通り都連を敵に見立てた小池さんの戦略勝ち。

    鳥越さんは自分を過大評価しすぎ。有名ジャーナリスト気取りで政府批判。
    そもそも権力を監視する側の人間が権力者になるのって矛盾じゃないの?
    「都政の知識はないが、三日あれば大丈夫」
    この人から東京都を改革したいという情熱は感じられなかった。
    政策は付け焼刃で、「三つのよし」って、何だよ。演説するたびに票を減らし、終わってみればダブルスコアの惨敗。
    聞く耳を持っているといいながら、聞く耳持たずの取材拒否はないでしょ。

    1. 2016/08/01(月) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    都知事候補

    前岩手県知事で元総務相の増田寛也氏が東京都知事選に出馬する雰囲気を醸している。
    この人何かと「実務能力」を口にするけど、
    実務能力を高く評価されて推されているんじゃなくて、都議会はいいなりにできるからだろ。
    舛添氏が反対したカジノ法案を役人主導で進められるしね。

    小池さんは無所属でも出馬の意向らしい。よもや東京都連会長(石原伸晃氏)に言いくめられて撤回することはないでしょうね。
    このまま保守分裂選挙になるとおもしろい。自民にとっては参院選挙に少なからず影響するし、仮に小池さん当選になれば、手のひら返したように支持に回るのかな?
    1. 2016/07/04(月) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    事件の真相

    http://news.livedoor.com/article/detail/11704086/

      実はですね、事件の被害者を間接的に知ってます。Aの顧客の一人をよ~~く知ってまして、なんでもAはメリットのあるいい保険を提供してくれたそうです(知人のほうが上手で利用していた)。逆にいうと、会社にとっては……。
     真相を聞くと報道されない裏の部分がいろいろとある(笑)。Aの人となり笑っちゃいます。上司が怒るのもわかる気がします。面倒に巻き込まれたくないんで露骨に書きませんが、報道ってのは被害者寄りでバイアスがかかってる。

    1. 2016/07/01(金) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    私は海を抱きしめていたい

    久しぶりに坂口安吾の「私は海を抱きしめていたい」を読んだ。

    肉欲に溺れる男と不感症の女。2人が本当に交わることはない。虚無の世界。
    自らの肉欲の限界を感じるくだりが秀逸。

    以下、引用

    「それは私の一瞬の幻覚だった。空はもうはれていた。女はまだ波のひくまをくぐって、駈かけ廻まわっている。私は然しその一瞬の幻覚のあまりの美しさに、さめやらぬ思いであった。私は女の姿の消えて無くなることを欲しているのではない。私は私の肉慾に溺おぼれ、女の肉体を愛していたから、女の消えてなくなることを希ったためしはなかった。
     私は谷底のような大きな暗緑色のくぼみを深めてわき起り、一瞬にしぶきの奥に女を隠した水のたわむれの大きさに目を打たれた。女の無感動な、ただ柔軟な肉体よりも、もっと無慈悲な、もっと無感動な、もっと柔軟な肉体を見た。海という肉体だった。ひろびろと、なんと壮大なたわむれだろうと私は思った。
     私の肉慾も、あの海の暗いうねりにまかれたい。あの波にうたれて、くぐりたいと思った。私は海をだきしめて、私の肉慾がみたされてくればよいと思った。私は肉慾の小ささが悲しかった。」
    1. 2016/06/08(水) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    windows7 update

    いつまでたってもUpdateが進まない。
    原因はKB3145739 , KB3138612。これら更新プログラムをマイクロソフトのサイトからダウンロード(スタンドアローンインストーラー )すれば問題解決する。
    その前に、重要なのはUpdateの設定を「更新を確認しない」にして再起動しておくこと。

    1. 2016/05/17(火) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    精査

    甘利さん、舛添さんが追及を逃れる際に用いた言葉。
    今年の流行語大賞ノミネート確実。

    『精査』
    1. 2016/05/13(金) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    蒲団

    100年前に書かれた小説。良識と葛藤する男のうちに秘める変態気質が見事に描かれている。

    妻子持ちの作家が若い女性を内弟子として住まわせる。立場上手を出せず悶々とするうちに弟子に恋人ができてしまう。仲を引き裂こうと田舎から女の父を呼び、実家に帰らせるよう仕向ける。勢いで男と結ばれるのを阻止した。それ以外に方法はなかった……。というのが大雑把な概要。
    ラストの女の残り香を嗅ぐ場面に女々しさと変態性が集約されているので、通して読むのが面倒な人はラストシーンだけでも読んでみて。

    時雄は雪の深い十五里の山道と雪に埋れた山中の田舎町とを思い遣やった。別れた後そのままにして置いた二階に上った。懐かしさ、恋しさの余り、微かすかに残ったその人の面影おもかげを偲しのぼうと思ったのである。武蔵野むさしのの寒い風の盛さかんに吹く日で、裏の古樹には潮の鳴るような音が凄すさまじく聞えた。別れた日のように東の窓の雨戸を一枚明けると、光線は流るるように射し込んだ。机、本箱、罎びん、紅皿べにざら、依然として元のままで、恋しい人はいつもの様に学校に行っているのではないかと思われる。時雄は机の抽斗ひきだしを明けてみた。古い油の染みたリボンがその中に捨ててあった。時雄はそれを取って匂においを嗅かいだ。暫しばらくして立上って襖を明けてみた。大きな柳行李が三箇細引で送るばかりに絡からげてあって、その向うに、芳子が常に用いていた蒲団ふとん――萌黄唐草もえぎからくさの敷蒲団と、線の厚く入った同じ模様の夜着とが重ねられてあった。時雄はそれを引出した。女のなつかしい油の匂いと汗のにおいとが言いも知らず時雄の胸をときめかした。夜着の襟えりの天鵞絨びろうどの際立きわだって汚れているのに顔を押附けて、心のゆくばかりなつかしい女の匂いを嗅かいだ。
     性慾と悲哀と絶望とが忽たちまち時雄の胸を襲った。時雄はその蒲団を敷き、夜着をかけ、冷めたい汚れた天鵞絨の襟に顔を埋めて泣いた。
     薄暗い一室、戸外には風が吹暴ふきあれていた。
    (引用)
    1. 2016/05/02(月) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    間違い電話

    ここのところ自分とは関わりのない地域から間違い電話がくる。

    「○○さんの携帯でしょうか」
    「違います」

    図書館、ホームセンター、他転送でかけてきた個人二名。
    いずれも市外局番は同じ。

    どこかのアホが番号を誤って登録してやがる。図書館とホームセンターに、本人に伝えてくれるよう頼んだからもう大丈夫だと思うが。
    はた迷惑な人には困る。
    1. 2016/05/01(日) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    唇の荒れ2

    原因はGUMと書いたが、別の製品に替えても同じように荒れだした。

    近所の皮膚科に行っても、薬出して終わりだからな。ちゃんとしてくれるところに行けば、皮膚の一部を取って細胞レベルで状態を確認して根本的な原因を知ることはできるはずだが、そこまで症状はひどくない。
    ワセリン塗ってしばらく様子見るか。
    1. 2016/04/25(月) |
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    前のページ 次のページ

    FC2Ad